通院、事務手続き等々

 今日は、お袋の3ヵ月に一度の通院なので、月曜日であるが休暇を貰った。 どうも、昨日の夜あたりから、頭痛が酷くなって喉も痛かったので、ワールドカップの日本VSセネガル戦を観る事もなく早く寝たのであるが、朝起きたら頭痛は無くなっていたが、喉がより一層痛くなっていて身体も怠く熱っぽい(涙) 熱を計かって熱があったりすると気持ち的にも病気になってしまうので、熱は無い!と自分に云い聞かせて熱は計らずに行動開始(笑)

 まずは、朝9時に病院に予約しているので、朝8時半に実家を出て大学病院へ。 さすがに大学病院、既に巨大な駐車場にも関わらず半分くらい埋まっている。みな、何時に病院に来ているのだろう。 まずは採血、検尿らしく採血する中央処置室?に行ったら、すでに受付110番だって(驚) 採血終わって直ぐに、9時20分くらいにリュウマチ・膠原病科に行ったのだけど、いっこうに受診の順番が回って来ない。 毎度の事なので驚きはしないけど、9時~9時半の枠で予約したのに、実際に受診できたのは10時15分過ぎ。もうちょっと予約時間を守って欲しいな。 診察結果は、特に変わりがなく、これからは夏バテに注意して栄養価のあるものをちゃんと食べる様にとの指示だったので、ちょっと安心した。ここでお袋まで病気が悪化されると本当に大変なので。 診察が終わって会計をし、近くの薬局で薬を買ったら、もう11時半近く、半日が終わってしまった。

 やる事はまだまだあって、保健所に行って難病医療助成制度の申請(更新)の手続きをしなくてはならない。 その為の病院(医師)に診断書は書いてもらったので、今度は役所に行って、住民票と課税証明書を貰ってこないとならない。しかも、お袋と親父の両方とも必要とか。 で、役所に行って住民票の発行依頼書を書いて出したところ、何と、委任状が必要だと(^^;; 真の息子であっても、同一世帯でない場合は委任状が必要なんだそうだ。 電話をして本人に確認するとかじゃダメなの?と聞いてみたけど、ダメなんだそうだ。 と、いう事は課税証明書も同様らしく、結局、実家に戻って委任状を書いてもらう必要があり出直し(涙) この手続きは、去年もしたはずなんだけど、その時に委任状なんて書いた覚えがないんだけどなー。しかし、世知辛い世の中だ。 まだ、クルマを運転できる僕らだからいいけど、クルマもなく役所までの交通手段が無い老人がこんな事になったら対応できないだろうに。 何ともお年寄りに厳しい世の中になってしまったもんだ。 そんなになるまで長生きしちゃいけないって事なのかも知れないね(笑)

 で、何とか申請書類を一通り準備して、今度は保健所に行ってきた。 こっちはサクサク手続きは行くかなぁ・・と思ったのだけど、自己負担上限月額管理票(黄色い手帳)の記載が今年になってからのものしか記録がなくて、去年分はその前の手帳に記載されていたようなので、それのコピーが必要だったらしい(涙) また、実家に戻って、その手帳を取ってくる事なのか?と思っていたら、郵送でもOKって事で助かった。 実家に帰って、手帳を探してもらい必要な部分のコピーをとって郵送してとりあえず終了。 ただ、去年もそうだけど、これだけで簡単に申請が認定されず、再度、医師に診断書を見直しをしてもらって提出して、やっと認定されるというパターンになりそうで、後一回は保健所に行かないとならないだろうなぁ(涙)

 昼食も殆ど食べれずに、今度は、ワンコのももこの抜糸をしてもらいに、どうぶつ病院にももこを連れっていった。 手術後の縫い目はくっついたらしいけど、どうも、傷口をなめてしまっていたようで、まだちょっと炎症?があるらしい。とりあえず、朝・晩に傷口周りに塗り薬を塗ってあげて様子を見てくださいという事なので、もうちょっとな感じ。今週末にまだダメそうならば、また連れていって診てもらいことにした。

 そして、やっと予定の用事は全て終わったーっと思って、コーヒーを飲んでいたら、今度は、親父の病院から、生命保険の医療給付金請求のための診断書が書き終わったとの連絡が、、、 申請自体は特に急がないけど、別の日に病院に行くのは面倒であるので、病院に行って診断書を取りに行き、給付金の申請書を作成して、郵便ホストに投函して、ホントに今日の業務は終了。

いやー、今日もなんかホントに疲れた。googleマップで今日の行動が記憶されている(タイムライン)ので、調べてみたら、今日の移動距離は117kmだってさ。 疲れたー。 結局、喉の痛みは全く治らず、熱っぽいのはちょっと改善。明日のために早めに寝ようっと。

"通院、事務手続き等々" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント