リアドアが外側から開かず

 先々週にミラー型のドライブレコーダーを装着したけど、その時に右のリアドアが外側から開かなくなってしまった。内側からは問題なく開ける事ができるのでドアハンドルからドアキャッチャまでのリンケージのどこかが壊れたのだと思った。ネット等で調べたら樹脂製のドアノブのリンケージを動かす部分が割れたんじゃないかって事みたいなので、とりあえずオークションでそれ関係の中古部品を探したけど左ドア用だったりして見つからず。じゃあ、ドア丸ごとなら?と探してみたら、ドア一枚丸ごとなら1,000円即決ってのがあったので送料の3,500円くらいを足しても4,000円でお釣りがくるって事で、丸ごと一枚購入。


IMG_8267.JPG


 練馬のマンションに保管するのは難しいので埼玉の実家に送ってもらっていたので、現物を確認するのは今日が初めて。ドア自体は巻き込んだらしくちょっと凹んでいるけど、装着されているものは大丈夫そうでした。欲しいのはドアのハンドル部分だけなので、ドアに付いているドアキャッチャーとリンケージ部分と、ウインドウレギュレータとウインドウスイッチは取り外して予備部品として取っておこう。ドア本体とガラスは邪魔なので廃棄かな?


 で、肝心のドアハンドルだが、自分の付いているハンドルと買ったハンドルを取り外して横に並べて比較したんだけど、ぱっと見は違いが判らなかったのだけど、確かに手に入れたハンドルを付けるも問題なく動くのである。(上側が入手したもので下側が故障したもの)

IMG_8274.JPG




 で、もう一度確認すると、赤色で囲んだ部分の摩耗度が違うんです。故障側は摩耗が大きいため、ドアハンドルを引くときにリンケージをしっかり動かす前に、ここの部分が滑ってしまい以下のような状態になってリンケージが動かなせなくなってしまうのである。元に戻しても、すぐに滑ってこの状態になってしまうのである。

IMG_8273 (1).jpg


IMG_8277 (1).jpg



ここを何とかすれば直るのであるが、とりあえずは正常に動くハンドルが入手できたので、それに付け替えて問題は解決。とりあえず、不良品もなんかの役に立つかもしれないので、とりあえず他の部品と一緒にとっておくか?(爆)

 しかし、ここはドアを開ける度に動いてすり減っていくと思うのだけど、どうしてこういうところを樹脂製にするのかねぇ? この構造を知ってしまったため、なんかリアのドアを開けるのをためらってしまうじゃないか。こんな感じになるまで、みんな乗り続けてないのかねぇ(^^;;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント