日本100名城 NO.26 松代城 & 善光寺 & 川中島古戦場

 週末の予定が何だかんだと入ってしまっているので、生憎の雨模様だったけど、日本100名城巡りに行ってきた。先月に上田城と小諸城に行ったときについでに行こうかと思ったけど、時間的に無理だったの松代城である。そして折角、長野市に行くので、善光寺と川中島の合戦場跡にも寄ってきた。

IMG_7755.JPG

 まずは松代城。日本100名城巡りのガイドブックでは、武田信玄が築いた城(前身の海津城として)で、武田氏の滅亡後は、織田、上杉、徳川の家臣が次々入城したそうで、松代城として改称されたのは真田信之が入封、三代藩主幸道のときだそうだ(1622年) 松代城の周りには真田邸や真田宝物館とか真田氏をおした観光施設が整備されていました。時間がないので、それらはスルーでしたけど(^^;;

IMG_7763.JPG

IMG_7761.JPG


 その次の訪問地は松代城の近くの象山神社。幕末の松代藩で思想家の佐久間象山を祀っている神社だそうだ。象山って誰?って思ったけど、神社内に設置された銅像のところの案内板を見たら、門下生には吉田松陰、勝海舟、坂本龍馬、橋本左内、小林虎三郎等の幕末、明治維新に活躍した早々たる顔ぶれを持つ人物だった。自分は全く知らなかったのだけど有名人?

IMG_7767.JPG

IMG_7765.JPG

IMG_7764.JPG

 その次は、有名な善光寺に移動。お店の連なっている参道は人出はありましたが、境内の中は非常に空いてました。先週は大分人出は戻ったらしいですが、連休後の次の週末なのだからなのかもしれないですけど。

IMG_7774.JPG

IMG_7776.JPG


 のんびりと善光寺でお参りし、参道の蕎麦屋さんで信州そばを食べたら4時くらいになってしまい帰路についたのだけど、途中、川中島古戦場跡があったのでちょっと寄り道。古戦場跡は整備された大きな公園に綺麗な公園になっていて、園内には川中島古戦場八幡社があってお参りした。境内の中には上杉謙信と武田信玄の大きな一騎討像もあった。夕方でもありコロナ禍の真っ只中なのかもしれないけど、参拝していた人は自分以外はたった一人とひっそりとしていて何となくさみしい感じだった、ここも本当はきっと沢山の参拝者がいるんだろうけど。まあ、ゆっくりとお参りできてよかったけどね。

IMG_7779.JPG

IMG_7782.JPG





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント