重課の自動車税

IMG_7105 (1).jpg

 ステイホーム週間が終わり今日から仕事再開です。しかし、緊急事態宣言が5/31まで延長されているので在宅勤務継続である。一応、気持ちの中で今日から仕事だー!って思っていたからか、昨日までは8時近くまで寝ていたのに今日は目覚ましアラームが鳴る6時よりも1分ほど早く目覚めた。で、一人コーヒーを入れてゆっくりした後に定刻より1時間早く始業。1時間早く始業して1時間早く終業しようとしたのだけど、キリが悪くて結局定時から1時間残業して18時半に終業。初日から頑張ったが、明日が終われば週末なので、明日も頑張ろう!

 で、昼にかみさんがポストから毎年恒例の自動車税の納税通知書を取って来てくれた。自分名義のクルマはS.Zと147なので2台分の納税通知書が入っていたが、両方とも初年度登録から13年以上も経っているので重課対象のため、それぞれ51,000→58,600円、39,500→45,400円で合計104.000円である。毎年思うのだけど、環境負荷が大きい自動車=古い自動車っていう定義は如何なものだろうか? 古い車はさっさと廃車して、新しい燃費もよく排ガスも少ないだろうハイブリッド車や電気自動車への買い替えを促進させて自動車メーカーやそれに関連する業界に儲けさせようって事なんだろうな。大体、買い替えてクルマを廃車した場合のそれの処分作業によって環境負荷が増えるはずだし、新しい車の生産における環境負荷も含めると、古い車を丁寧に乗り続けるのと、新しい車に買い替えていくのとトータル的に考えるとどちらが環境負荷に厳しいのだろうか?そもそも13年以上っていう数字はどこから来たのだろうか? 毎年納得がいかないながらも、納税は国民の義務なので、速攻でPay-easyで支払った。手数料も無料だしね。そういえば、かみさんのtwingoの納税通知書はまだ届いていないみたい。まずは重課のクルマから発送したんだろうか?
 ただ、今回の自動車税の納税に関しては、新型コロナで休業とか所得減とかで事業や生活に影響がある人に対しての納税期限の猶予とかの配慮は無いみたいですね。こういった納税を待ってあげるとかの方が、事業者に支援給付金を支給するよりもダイレクトに支援に回るように思えるのだが、どうなんだろう? もっと、国民、都民に寄り添った支援を考えられないものかねぇ?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント