新宿でもつ鍋

画像


 25年くらい前まで同僚で転職してしまった後輩と、2年振りに新宿でもつ鍋をつつきながら飲んできた。今回は、その後輩と同期だった、これまた昨年に同じグループ会社に出向となってしまった後輩も一緒に。彼らは実にそれ依頼、実に25年振りくらいらしい。 当時は彼らを含めて8人くらいのチームだったのだけど、気が付けば継続勤務しているのは、自分含めて3名だけになっていまっていて、みんな転職しちゃったわけだ。当時のIT業界は、今の様に36協定がどうのこうの残業時間・休出に関して厳しくなくて、納期があれば毎日の様に深夜残業、毎週休出して、月に120H時間くらいの残業していた。毎日、残業して帰りに夕飯かわりに居酒屋で一杯のんで終電で帰って、翌日は朝の定時(8時半)には出社する生活を続けて、身体は多少きつかったけど、若かったから何となくやりがいを持って楽しく仕事していたなぁ。今の組織は、高齢化してしまっていて若者が少なく我々ジジイが多いという逆ピラミット型になって組織的な劣化をしてしまっているので、職場での若者達のモチベーションの低下が加速してしまっているのかもしれないなぁ。 もっと、若者達が主体的に伸び伸び仕事に取り組めるような環境作り、組織づくりをしないとならないなぁ。若者を増やす事は中々できないけど、まずは来年度の新人くんをいかに多く確保できるかがポイント、そして、今いる若者の考え・提案をより一層検討・採用していて、年寄連中はそれをサポートしていくように変えていかないと。

 話はもどって、今日、飲んだ店は自分が適当にネットで持ち鍋で検索して適当に選んだ店だけど、こじんまりとしていて、料理もおいしかったので、当たりだったかも。 写真のもつ鍋は「和風明太 牛モツ鍋」でこれは美味かった。サービスで冷えた生ピーマンが出てくるのだが、これまで生でピーマンかじって食べた事なかったけど、これが絶品でメチャ美味かった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック