GW唯一の成果

画像


 GW中は何も予定を立てて無かったので何もしてませんでした。まあ、NSRとチャリに乗っただけ。なので、休み中に一つぐらいは成果を出さないとなーって思い、懸案だった壊れた145の光軸調整機能の復旧をしてみることに。
 145のヘッドライトの光軸調整機能の不具合は定番らしく、これが壊れてしまうと光軸調整ができずに車検が通らない。しかも、この調整機能の部品は単独では部品供給されていないので、ヘッドライトAssy交換しかないみたい。で、ネットで調べてみると、いろいろな方が壊れた光軸調整部品を自作して復旧した事を発信させているので、それを参考にさせてもらいました。

ヘッドライトを取り外して、まずは分解。ヘッドライトの殻割り(ガラスを外す)は、本当は熱してシール材を柔らかくしてから行うみたいなのですが、シール部をカッターで切ってちょっと力づくで外してみたら、シールが劣化していたようで何とか外れました。両方とも割と簡単でした(笑)
画像

 
 で、光軸調整は上側2箇所の調整ロッドで行うのであるが、そのロッドが樹脂製で経年劣化でボロボロになって折れてしまい、機能しない状態になっていました。自分の145は左右ライト合計4本のロットすべてが折れてしまっていました。
画像

画像


で、この樹脂製のロッドを自作するわけであるが、比較的簡単なつくりにしているこちらを参考にさせて頂き作成しました。
画像


で、あとは組み込みして完成。樹脂製アンカーを使っているのであまり調整を繰り返すとアンカーが効かなくなる危険が大なので注意が必要だな。今度は、しっかりしたロッドを作成しよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック