蔵造りの町

画像


 飲みすぎて少々二日酔いではあったが、肺がん騒ぎのじいちゃんに会いに埼玉の実家に行くというので、イボ退治のため皮膚科に行ってきたあとに、145に乗って実家まで二男の運転で行った。 免許を取得してはや1年半くらい経つのであるが、さすがに殆どクルマを運転する機会がないのでぎこちない。でも、二日酔いで眠くて仕方ないので、一抹の不安を抱えながらも運転は二男に任せて車中爆睡してしまったけど(笑)

 で、無事に実家に到着して、親父とお袋とお茶のみながら話をした後に、今日のもうひとつの目的である二男のパンダ運転練習をすることに。 昨日は飲んで練馬に帰っちゃったので、パンダは実家の最寄駅の近くの駐車場に置いてきてあるので145と入替えてきたあと、実家の近くの農道で運転練習開始。 二男は教習所のクルマと145しか乗ったことがないので、当然のごとく左ハンドルは初めて。しかも、パンダはパワステじゃないし、クラッチも大分減っているのでクラッチの繋ぎが難しいし、シフトの入りもちょっとばかり渋かったりするので、最初は難儀するだろうなぁと思っていたが、案の定、最初は半泣きでした(爆) しかも、パンダはブレーキサーボが無いので145の感覚でブレーキ踏んでも止まりません。危なく一時停止の交差点で飛び出しそうになるし、右シフトを気にするあまり、シフトしようとすると、車輌がどんどん道の真ん中に寄っていって反対車線に飛び出そうになるしと、しばらくは生きた心地がしなかった。とはいえ、さすがに若者です。ほんの20分くらい走っていたら何となく感覚がつかめたらしく、「ぼくは、もうちょっと慣れれば、145よりもパンダの方が運転楽しいと思う」とか? まあ、小さい頃からパンダを運転したいと言っていたのだから当たり前か(笑) なんでも、来年春に開催されるであろう「パンダ・リーノ」にかみさんと2人で一緒に参加するつもりらしいので、それまでには、パンダを手足のように操れるようにしないとね(爆)


画像


 で、まあ、何となくパンダも運転できそうだなぁと自信を持ったところで、練馬の自宅に帰る時間。この先、数週間はパンダが練馬当番、145が通勤当番なので、パンダで練馬へ帰るわけだが、帰る間際になり、二男が「テレビ埼玉のCMでやってる”福蔵”という最中を買って行きたいと言い出し、急遽、蔵造りの町である川越に行き、”福蔵”を買って帰ることにした。 すでに6時を過ぎて日も暮れた蔵造りの町並みは中々良い雰囲気でした。ただ、クルマの通りが結構多くて通行の邪魔になるため、パンダと町並みの写真をゆっくり撮れず。さすがに最近は観光地として名前が売れ出した川越らしく、街中は渋滞でひどかったですが、そこはジモピーなので殆ど裏道走って、目的の”福蔵”もさくっと購入して帰れた。 福蔵は昔からある高級最中なので、僕にとっては昔からお客さんがお土産で持ってきてくれたときだけ食べれたお菓子であり、自分で買ったことは初めて。本当にうまいので、皆さん是非食べてみてください。あっ、別にくらづくり本舗さんの回し者ではありませんよ。

 元気なじいちゃんにも会え、念願のパンダも運転でき、そして念願の”福蔵”を美味しく頂けた二男は満足な一日であったようだ。でも、自分は、また、練馬に帰ってきてしまい、明日は電車で実家に戻らないとと、何をやっているんだか(^^;;


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くどてん
2014年11月12日 16:44
福蔵も好きですが、お芋の形したポクポクも好きです。

一時 若葉の工業団地に勤めていたことがあり、会社帰りに蔵づくりで買って帰ったことがあります。
wani
2014年11月12日 22:09
そうですね。老舗くらづくり本舗のお菓子はどれも美味しく好きです。ただ、和菓子はお高いので中々食べられません(^^;;

この記事へのトラックバック