あわや大惨事(^^::

 実家の方の床屋さんがわからないので、朝一番で練馬のいつもの美容院で散髪。最近は自分で鏡を見たくないほど髪の毛が淋しくなってしまっているけど、まあ、遺伝のためだから仕方ない(笑)

 で、その後は、今週は長男とかみさんが145を使うというので、自宅のパンダと車両入替えをするため、練馬からパンダで実家の埼玉へ。 現役復帰したパンダだが、相変わらず低回転・低速ではどうも調子悪くて発進にエンストしそうになる。まあ、発進の際にエンジン回転数を上げ気味でクラッチを繋げば良いのだけど、半クラ多用なので精神的に非常に悪い。何とか改善しないと。。。

 とはいえ、それ以外は快調といえば快調なので、運転自体は楽しい。 ガソリンも少なくなったので、最近お気に入りのshellのハイオクを満タンにして、今日も元気に走ろう!と走り出してしばらくしたら・・・・ パンダの後ろから、クラクションが何度か聞こえてきた。バックミラーで見ると、若いあんちゃん達が乗って黒いBMWが鳴らしているみたい。知り合いにそんな人たちは居ないので、無視していたら、いきなり追い抜かれてパンダの前にまわって、窓から手を出して止まれとの合図。なんかイチャモンでも付けられるのか?と思ったら、BMWから出てきたヤンキーっぽいアンちゃんが走り寄ってきて「ガソリン漏れてるっすよ! 後ろ走っていて異常に臭かったので。。。」と。 ???と思ったが、慌ててエンジンを止めてパンダの後ろにまわってみたら、思いっきりガソリンが駄々漏れ状態で、走ってきた道にガソリンの跡が。。。。 もし、通行人がそのガソリンの漏れた跡にタバコの吸殻を投げ捨てたら、きっとダイハードの旅客機の様に炎がパンダに迫ってきて爆発・炎上になっていたに違いない。 ヤンキーあんちゃん、ありがとう。見て目はちょい怖いけど、こういう人たちが実はやさしいんだよねー。立ち去るときも「無事でよかったっす! 気をつけてくださいねー」ってさわやかに去っていきましたが、本当にやさしい人たちだった。ホントにありがとう!


画像

問題のチェックバルブは赤丸のやつ。写真は主治医のブログから借用(^^)

 慌てて写真とか撮ってる暇が無かったのですが、燃料タンクの上部にあるチェックバルブってやつが浮き上がってしまっていて、そこからガソリンが駄々漏れだったようだ。とりあえず、そのバルブを手で押し込んだらガソリン漏れはおさまったので、気休めだけどガムテープでバルブを貼り付けたあと、何度も確認しながらゆっくり走って実家までたどりついた。 よく考えるとチェックバルブの周りのゴムが劣化していて、ガソリンを満タンにした際にタンク内部の圧力が上昇してバルブを押し上げてしまった感じみたいだ。こんなところにも経年劣化というか放置状態の影響が(涙) とりあえず、燃料満タンにしなければ大丈夫そうなので、主治医に連絡し部品が調達できたら連絡をもらい交換してもらうことにした。 しかし、かみさんや子供達が運転していなかくて良かった。 こんなことがあったのを話すと、怖がって運転しないとか言い出すので内緒にしておこう(笑)


画像

 で、実家に帰ったあとは、先日145から外したMP3対応CDデッキをパンダにインストール。徐々に、パンダもバージョンアップです。ラジオも感度が良くなったし、これで朝の通勤も楽しい音楽聞きながらになるので、多少は出勤が楽しくなるかな?(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック