胃カメラ、思ったより平気じゃん(笑)

画像


 今日は朝一番で胃カメラの予約をしていたので、昨日の20時から食べ物は食べていないし、水も普段のようにがぶがぶ飲めるわけでもなく、朝起きたら何となく脱水気味(笑) 朝起きても茶碗一杯くらの水は飲んで良いらしいのだけど、それだけでは足らない感じでふらふら気味で病院まで。
 3年前にも同じ病院で胃カメラ飲んだはずだけど、医者に「さあ、頑張って飲んで!さあ、飲んで!」って強引にカメラの管を押し込まれて、おぇおぇして物凄く辛かったことしか覚えていない。そのとき、のどの奥をカメラの管で傷つけられてしばらくの間痛かったのも待合室で待っていて思いだした。そんなわけなので、控室では本当に逃げ出したい気分だったのだけど、きれいな若い看護婦さんがやってきて、血圧と脈拍をはかり、喉に麻酔液をシュッ!シュッ!としてくながら、「つらいでしょうけど、がんばってくださいね!」って言われたら、さすがに50越えたおっさんがビクビクしているのもカッコ悪いと平然を装うってみました(笑) で、いざ検査室に入ると、今度はイケメン系の看護師くんがこれまた優しく、鎮静剤を注射しながら、うまく飲むコツとか教えてくれた。なんか、3年前とまったく対応が良くなったのはなぜなんだろう?医院長でも交代したのかな?(笑) おかげで、今回は、全く、飲むときにおぇっ!ってこともなくあっという間に終了。 で、結果は来週の土曜日に聞きにくることになっているんだけど、カメラで見た感じでは、胃はかなり荒れているけど、レントゲンで引っかかった十二指腸潰瘍の疑いの件は、十二指腸潰瘍が治った跡があったくらいなので大丈夫じゃないかと。 まあ、気持ち的には一安心である。
 で、安心したからってわけでもないのだけど、検査が終わったあとは、鎮静剤でふらふらしてしまっているので別室のベットで横になって15分程度休憩させられるのだけど30分くらい寝てしまったみたい。看護婦さんが起こしに来たらしいのだけど、よく寝ていたからか起こされなかったのか、はたまたそれに気が付かなかったのか、ちょっとはずかしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック