彼岸花

画像


 今日は実家に行って親父の手伝いを。庭の大きな桜の木が半分枯れてしまったので、それを切り倒すって事らしいんだけど、ハシゴで木の上に登ってチェーンソーで順番に枝や幹を切り落とすのであるが、実家に着いた頃にはお袋と2人でほとんど終えていた。75歳を越えた親父なんだけど、本当に何でも出来てしまうわけで、きっと自分が間に合ってそこに居たとしてもハシゴの上で仕事している親父を心配そうにハシゴを支えているだけだったようにも思える。早く実家に戻っていろいろ教えて貰わないとなーって、今日もつくづく思った次第。


画像


 さて、そんなわけで、自分は切り倒した桜の木の枝や幹を一輪車で隣の畑の隅に持って行って積み上げる力作業を行っただけで、何の役にも立たなかったので、片付けをしたあとに、お墓に墓参りをお袋と散歩がてら行ってきた。 お墓までは15分程度の道だけど、途中にきれいな彼岸花が群生していて満開の所がある。 ここは数年前から、いろいろな人が写真を撮りに来るみたいなので、今日も2人くらい写真を撮っている人が居たので声を掛けてみた。 すると、数年前に、どっかの写真雑誌にここの地蔵さんと彼岸花の写真が載ったらしく、それでちょっと知られたらしいそうだ。 ここは自分の子供の頃の通学路だったので、毎日の様に通っていたので何か不思議な感覚。 雑誌とかメディアの力って凄いなー。


画像



 しかし、彼岸花って、子供の頃から、お墓に咲いているイメージが強くて、実は好きじゃないです。 小さい頃は誰に言われたか忘れたけど、彼岸花をとって家に持ち帰ると家が火事になるって言い聞かされていたので、ますます、彼岸花=悪い花 って意識が植え付けられてしまっています(笑) 最近では、土手にも群生しているし、あぜ道とかにも咲いていたりして、実は、さっさと枯れてしまえばいいなーって思ったりしてます(笑) とはいえ、綺麗なのは事実なので、写真はちょっとだけ撮ってみました。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2011年10月02日 23:24
曼珠沙華じゃなくて『彼岸花』ですよね~我々の世代では。
最近ではチャリで巾着田にも行ったりしますけど、本当は自分も少し苦手(怖い)です。
花は綺麗なんだけど根に毒があるとかなんて言われてるし、子供の頃から実は一度も触った事無いです(笑)
でも気がついたら自宅の駐車場の片隅に咲いてたり。
そんな、何か不思議な花です。



wani
2011年10月03日 00:05
やっぱり、彼岸花が苦手な人は多いのですかねー(笑)

この記事へのトラックバック