胃カメラ、やっぱりつらかったー

画像


 午前中に病院に行って、予約した胃カメラ検査を受けてきた。10年くらい前に受けたきりなのでどのようにしてもらったのか良く覚えてないけど、もの凄く辛かった記憶だけが残っているが、10年も経ったので機器も大分進化しただろうから楽になったのかなぁと思っていたけど、やっぱりつらかった(涙)

 最初に血圧と血中酸素?を計った後に、のどにスプレーの麻酔?をかけられて、おえぇ~~って(涙) 自分はの喉は非常に敏感らしくそれだけでも吐きそうになってしまう。それを2回もスプレーされてそれだけでも、もうやめてくれーって感じ。そして、その後にいよいよ検査。診察台に乗せられて、点滴針をさされ軽い麻酔をされ、マウスピースを噛まされていよいよ開始。 カメラのチューブは細くなっていたのかと思ったけどあまり変らってなくて、大丈夫かなぁと心配したけど、割と簡単に飲み込めた。きっと、おぇ~っとした喉の麻酔が効いてくれたからかも。 で、カメラが胃の中でいろいろと動いているのがわかってすごーく気持ち悪かったけど、ほんの15分くらいで終了。友人が別の病院で胃カメラ飲んだときは、自分の胃の中の映像を見ながら先生が解説してくれたそうなんだけど、今日は映像写す画面は自分の反対なので何も見えず、解説もなかった。 その代わり、撮った写真を貰ってきた(正確に言うと買ってきた)。

 で、肝心の胃の異常なんだけど、「変った胃炎ですー」言われた。画像の右の列の3番目の写真を見ると、きれいに右側が赤く炎症を起こしているらしい。まるで線で分けたように(笑) 一応、悪そうなところの細胞を採取した検査結果は来週に聞きに行く予定。さて、単なる胃炎と昔の潰瘍後だったらいいなぁ

 ちなみに、検査費用は保険適用でも1万円でした。医療費って高いなー(涙)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック