梅雨の合間に黒部ダム

画像


 訳あって梅雨の合間の晴れた土曜日に、朝早起きして富山県の黒四ダムまで行ってきた。民主党の愚策である高速道路どこまで行っても1,000円も今月の19日までとの事なので、折角なので最後にその恩恵を受けようと(笑)



画像


 中央道-長野道で豊科ICで下りてK310-R147-K25-K306-K45と乗り継いで大町の扇沢駅まで気持ちよい信濃路を一気。特に扇沢駅までのK45は整備された真っ直ぐの道の先には日本アルプスの雪の掛かった山々が見え、新緑の木々が綺麗で本当に気持ち良い道だった。しかも観光シーズンをちょっと外れているので走っている車は殆どなく、我々が道路占領?って勘違いするくらい自由に走れた(爆)



画像


画像


 扇沢駅からは黒部ダムまでは関電力トンネルのトロリーバスに乗ってトンネルの中を黒四ダムまで一気に運んでもらいます。この電気で動くトロリーバスは、日本ではこの立山・富山アルペンルートの扇沢-黒部ダム間と、 大観峰-室堂間の2区間でしか動いてないそうだ。今、世の中ハイブリッド車とかEV車とか騒がれているけど、このトロリーバスは昭和40年代までは東京、名古屋、大阪等の都市部で市民の足として活躍していたものらしいので、ある意味先進的だったのでは?(笑) 形も乗り心地もバスだけど、定義としては無軌条電車となっているそうで、実は電車なんだそうだ。こんな電車が都心をいっぱい走っていたとはちょっと信じられんです。


画像


画像


 で、目的の黒四ダムですが、久しぶりに行ったのだけど、やっぱりでかくで壮大だった。こんな建造物を標高1,500mのところに作ってしまうなんて、昔の人達はすごいなーって感動。延べ1,000万人の作業者と171名の殉職者によって作られたそうだ。当時の日本人のパワーと同じ位のパワーがあれば、この震災や原発事故も何とかなってしまうんじゃないかと錯覚しちゃったりする。しかし、本当に大きなダムである。 残念なのは、ダムの観光放水は6/26からで観られなかった事。また、周りの景色も本当に素晴らしいです。

画像


画像


画像


今度は、夏場に立山・黒部アルペンルートを通って長野の大町側から富山の宇奈月温泉までの全ルートを制覇してみたいなぁ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kenzou
2011年06月08日 12:54
この時期はアルプスの残雪と新緑で気持ち良さそうですね。黒部は未訪問なので今度行ってみたくなりました。
wani
2011年06月08日 22:33
はい。大変気持ちが良い道でした。
6/26からは黒部ダムで観光放水も始まりますので、是非とも行って観てください。

この記事へのトラックバック