何がホントなのか?

 福島第一原発の事故は、現地の命懸けの対応をしてもらってはいるけど一向に収束に向かっている様に思えない。逆に、ますます悪い方向に向かっている様にも思えたりする。 東電や政府かの発表される情報は非常に曖昧であったり、矛盾するような事もあったりで、何を信じて良いのかわからない。 枝野官房長官が東電に対して迅速で正しい情報を展開することを指導していたけど、TVや新聞で見ている限りでは、東電の言っていることは全く信用できない感じがする。結果論かもしれないけど、後手後手に回った対応にしても、これは国難と言ってよい事故なのであるから、東電内だけで判断するのではなく、もっと早くに正確な情報を提示し各方面の専門家などの意見も取り入れて対応していれば、もう少し状況が変わっていたように思うのであるが。。。 そもそも社長が全く出てこないって会社なので、やっぱり東電の企業体質がひどすぎるってことなのかもね。 電気が他の電気会社から買うことができるのであれば、東電から電気なんて買わないんだけどな。 ただ、東電で現場対応している人達だけは、素晴らしく尊敬できる人達と思いますけどね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック