ふと思う

 今日は西武線が4割程度の車両で運行するって事なので、早いうちなら乗れるかなーって6時半くらいに駅に行って電車に乗ろうとしたら、、、駅に着いた電車はドアが開かないくらい満員でした(涙) 結局、列を作って待っていた客は電車から降りた人数と同じ4人だけ。仕方ないので、その次の電車を待って乗ったのであるが、昨日の中央線が話しにならないくらいの満員さ。これで車輌事故でもあったら何人死んでしまうだろう?ってちょっと恐怖を持ったり。結局、早く出たのに物凄い混雑にあい、結果的に倍くらい疲れてしまった(涙) 明日はやっぱり中央線経由で出社だな!

 と、何とか会社に行って仕事をしていたのだけど、昼休みに同僚と食事に出たときに、ふと思った。こんな大災害が起きて多くの人が亡くなり、また、非常に寒い中で物資もなく避難生活をしている人がいる時に、のんきに会社に来て仕事なんてしてて良いのだろうか?って。 おそらく僕らが今の仕事をやめても、世の中には影響は無いと思うのだから、会社を上げて何かすれば良いのになーって思ったり。
 とりあえずは、節電、節約、買いだめせず、ガソリン使わずに、少しでも被災地に割り当てられる物資が回るようにと。

 それと、福島原発の事故対応。規模は全然違うけど、火達磨になってしまうトラブルPJの対応によく似ている。何か大きな問題が起こると、それの暫定対処にばかり目が行ってしまい、それの対応の間に他のところがおろそかになって、また他のトラブルが発生。 そうなると、新しいトラブルの対応に人を割き、2つのトラブルの両方ともに中途半端となって、ますますトラブルが悪化してしまいどうにもならない状況に。 こういう状況になると、正しい状況把握ができなくなり、また、情報を整理する時間もなくなり、結果的にお客さんへの報告は全くできない状況になってくる。 お客さんの方は、状況報告が無いので非常に心配になり、PJ責任者に報告を求め、責任者は報告しないといけないから現場の人間に作業を中断してでも報告書を整理しろと指示するといった悪循環。 今回の福島原発のトラブル対応は、政府と東京電力のマネージメントの無さが一番の原因だと思う。現場の人たちはきっと、自分達の出来ることは一生懸命対応しているはずで、その優秀な人たちを、有効かつ的確につかって対応させることのできるリーダーシップ、マネージメント力を発揮するリーダーとそれを補佐する体制を整えられなかったからなんじゃないかな? どう責任を取ってくれるんだろう? 首相と東電。 とれるわけないよねー。 しかし、何とかならんかな?原発。 もう、ほとんど手の打ちようがない感じに思うのは僕だけだろうか? 今回ばかりは時が解決してくれるって事にはならないからね。 ウルトラマンやガンダムにお願いして、原発を宇宙にもっていってもらえないだろうか? それともイスカンダルに行ってコスモクリーナーを借りてくるか?
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック