どたばた自民党

 これが政権与党だったのかと思うと情けない。 今日は自民党の衆参議員会合があって、首相指名選挙対応で誰を指名して投票するかを決めたらしいけど、執行部では白票投票で落ち着かせようとしたらしいが大揉めして、結局、とりあえず若林議員総会長にとりあえずしようって事になったらしい。 そもそも、白票投票って考えがおかしいんじゃないかと思うんだよね。それに反発した若手議員の方がまともで正しいように思う。白票ってはNGになって、仕方ないのであたりさわりのない人でって事にしたんだと思う。この若林って人はだれ?(笑) 申し訳ないが、私はまったく知りませんでした。 党の総意で投票って形になるんだから、このとりあえず的な結論は自民党が奪われた政権を奪取しようという意気込みが全く感じられない。これじゃ、この先も望みなしだなぁ。。。 自民党が立ち直ってくれないと、政権初心者の民主党だけじゃ心もとないし。。。
 民主党も、幾ら参議院で絶対多数を確保できてないからと、弱小社民党、国民新党との連立にこだわらなければ良いのに。もともと政策が違うのであるから連立ってのも無理があると思うんだけど。社民党、国民新党とくらべると、「賛成できるものは賛成し、反対なものは反対する建設的野党」といっている共産党の方がずーっといいと思うけど。もし本当だったらね(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック